Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」の活躍に涙が出ます | 育パパ&プチ教育ママのダンドリ帳
月360円で絵本が読み放題、半年使ってます

「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」の活躍に涙が出ます

我が家でボロボロになるほど読み倒している「本気のおすすめ絵本」をお知らせするシリーズ。

パパ

ちょっと時代遅れのスチーム・ショベルの活躍に感動!

「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」

バージニア・リー・バートン ぶん・え

いしい ももこ やく

この本は40年近く前に、絵本の定期購読で購入したもの。元々は1939年が初版なんです。

確かにちょっと古い味のある絵ですが、そこまで昔には見えません。良き絵本は時代を超えるんです。

主人公は、ディーゼル機関の乗り物が出てきた時代に、ちょっと時代遅れとなってしまった石炭で動くスチーム・ショベル。乗り物だけどかわいらしい。

アメリカの田舎の雰囲気が、素朴な色合いから感じられます。海や山、街、暮らす人々たちが、カラフルな色合いで描かれます。

↑ 忠実に翻訳したのでしょうか。正直、今の絵本では見られないほど文字が多いのが特徴です。

ちょっと古くて活躍する機会が減っているけど、スチーム・ショベルと運転手は腐りません。真っ向から挑戦するし、周りの人たちへの感謝を忘れません。

それにしても、顔がないはずのスチーム・ショベルが、どうしてこんなに愛らしく見えるのでしょうか。目が大きくもないし、動きを強調しているわけでもないのですが、一人一人のキャラクターが立っています。

時代は違えど、新しいものに頑張る実直な古き存在には共感を覚えます。ラストは、そう来たか・・・と納得する終わり方。子どもたちにも、この生き方から何かを感じてほしいですね。

MEMO
ちなみに作者のバージニア・リー・バートン(1909~1968)は「いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう」、「はらきもののじょせつしゃけいてぃー」「ちいさいおうち」などを書いています。戦前のアメリカの子どもたちも、乗り物が大好きだったんですね。

絵本買うなら試し読みもできる絵本ナビが本当におすすめ!


こちらもどうぞ↓

絵本ナビ絵本ナビのプレミアムサービスは高い?いや、学習漫画だけで月360円以上の価値あり

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です