Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
「たろうのひっこし」幼稚園児でも「自分の一人部屋」が欲しくなる絵本 | 育パパ&プチ教育ママのダンドリ帳
月360円で絵本が読み放題、半年使ってます

「たろうのひっこし」幼稚園児でも「自分の一人部屋」が欲しくなる絵本

我が家でボロボロになるほど読み倒している「本気のおすすめ絵本」をお知らせするシリーズ。

パパ

パパが小さなころからずっと持っていたお気に入りの絵本

繰り返しが心地よいよ

「たろうのひっこし」

村山桂子 さく 堀内誠一 え

たろうのひっこし

明るいポップな色づかい。表紙からして楽しそうな絵本です。

素朴な絵柄で、こんなにビビットな色づかいがマッチしているのが不思議。独特の雰囲気です。

で、たろうくんの「ひっこし」ってどういうことなんだろう?

たろうのひっこし

ひっこしにまつわる、悲しいお話かと思いきや、そんなことは全然なくて、赤いじゅうたんで、「家のあちこちにひっこし」するんです。

あちらに行ったり、こちらに行ったり。動物も出てくるし友達も出てくるし、お話は思わぬ方向へ向かいます。

ほっこり幸せになるお話です。

福音館書店の「こどものとも」で1983年に発行。

「たろうのおでかけ」「たろうのともだち」など、この作者と画家さんによる作品はいくつか出ています。どれも心温まるストーリーですよ。

絵本買うなら試し読みもできる絵本ナビが本当におすすめです!1回のぞいてみては?

MEMO
この絵本も発行されていた福音館書店の「こどものとも」

1956年に刊行が始まり、「ぐりとぐら」や「初めてのおつかい」「きんぎょがにげた」などのロングセラーを生み出してきました。

上の写真でもわかるように、当時は毎月250円だったようですが、現在も440円で幼児向けのシリーズを発行しているようで、オススメです。

「令和」の時代のロングセラーがここから生まれるかもしれません。

こちらもどうぞ↓

絵本ナビ絵本ナビのプレミアムサービスは高い?いや、学習漫画だけで月360円以上の価値あり

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です