Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/garago/3pun-papa.com/public_html/wp/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
コロナウイルスで毎朝検温(>_ | 育パパ&プチ教育ママのダンドリ帳
月360円で絵本が読み放題、半年使ってます

コロナウイルスで毎朝検温(>_<) 体温計の使い方で、1年につき丸1日は無駄にしてるかも…というお話

新型コロナウイルス対策で、体温計を使う機会が増えました。会社では出社時に毎朝、検温を求められます。

パパ

会社に行列できちゃうよね

あまりに面倒なので、自分の家で測っていくことにしていますが、これだけ連日検温していると、少し時間がもったいない気もします。

検温時間って何分?

さて、検温にどれぐらい時間を使っているのか調べてみました。

オムロン体温計

今の体温計。5,6年使っているオムロンの使いやすいものなのですが、1回測るのにどれぐらいかかるかというと・・・

オムロン体温計

脇にはさんで「ピピッ」となるまで30秒ちょっとかかります。しかも体温計の先っぽをふいて、脇にはさんで、取り出して・・・と時間がかかります。ちなみに、この30秒でわかる体温は「予測検温」で、その後もずっとはさみ続けると10分ぐらいでブザーが鳴って、「実測」の体温がわかります。

パパ

この体温計、全然問題ないんですけどね。こどもたちがちっちゃいころから使ってる愛着もあるし

非接触式のが早い!

一方で、会社など、大勢が検温する場所で、よく使われているのが、このタイプ。いわゆる「非接触式」の体温計で、おでこに近づけるとすぐに「ピッ」と鳴ります。

体温が出るまでの時間は、1秒かかりません。早すぎます!

毎朝の検温だと

1回3秒で終わる検温。一方、今までのわきにはさむタイプのものだと30秒ほどかかります。さらに昔の水銀式の体温計だと3分ほどかかってましたよね。計算してみました。

1週間

非接触式3秒×7日=21秒

脇にはさむ電子体温計 30秒×7日=3分半

水銀式体温計 3分×7日=21分

1ヶ月

非接触式 3秒×30日=90秒

脇にはさむ電子体温計 30秒×30日=15分

水銀式体温計 3分×30日=90分

1年

非接触式 3秒×365日=約18分

脇にはさむ電子体温計 130秒×365日=約3時間

水銀式体温計 3分×30日=約18時間

 

と、多少強引ですが、1年たつと1日近い差(1日6時間寝てるとするとですね)が出ます。体温計に365分の1使うの、ちょっとやだなー。

ということで、非接触式のを買ってしまいました。なんとなく、そろそろ売り切れが出そうですし。

パパ

余談だけど、大勢が検温する場所で、脇に入れるタイプの体温計って、ちょっとやですよね

とは言え、非接触式のも、取って部分はみんな持つから、それはそれで気になったりして

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です